発表時間・方法

発表時間

・1件当たりの講演時間は、原則として発表7分、質疑3分とします。

発表方法

・発表者はZoomを利⽤し、資料共有の上、発表を⾏います。

Zoomの設定

・Zoomの「名前」は氏名と所属が分かるようにしてください.例:土木太郎(関東大学).
・聴講時は基本的に下図の「ミュート」「ビデオoff」の状態としてください.
zoom_tool_bar_2.png
<聴講時の設定>
 
・発表の際は「ビデオon」にすることを推奨します.ただし,「ビデオon」は強制ではないので「ビデオon」にできない場合でもそのまま発表できます.ただし,発表の様子等も優秀発表者賞の加点対象になりますので,その点はご了承ください.
zoom_tool_bar_3
<発表時の設定>

セッション開始前

・セッション開始時にZoomに入室していない場合,発表キャンセルとして扱われる場合があります.セッション開始前の10分前には入室しておくようにしてください.
・セッションでは基本的に座長の指示にしたがってください.
・セッション開始前に座長より出席確認(点呼)があります(時間がなければ,省略される場合もあります).
・名前を呼ばれたら,ミュートを解除して返事をしてください.また,その際①画面共有にて,発表資料のスライドショーが問題なく共有できるかの確認,②音声に問題ないかの確認,③「ビデオon」にできるかの確認が,座長よりなされます.
・出席の確認や急ぎの連絡で,登録時のメールアドレスや電話に連絡する場合があります.

発表・質疑の際の注意

・画面の共有をクリックして,パワーポイントの画面を選択して,画面を共有してください.
zoom_tool_bar_share.png
<Zoomツールバーの画面の共有>
 
・発表者ツールの画面を共有表示されないように,事前に確認しておいてください.
Presenter_View_2.png
<このような発表者ツールの画面を間違って共有しないようにしてください>
 
・発表終了後は,聴衆から質問があります.座長の指示にしたがって,ご質問に回答するようにしてください.
・質問は個別に受け付ける場合,何件かの発表後にまとめて受け付ける場合,それぞれセッションによって異なります.座長の指示にしたがってください.
・セッションの最後に全体を通しての質疑がなされる場合もあります.発表が終わっても,セッションが終了するまで退室しないようにしてください.

通信トラブルや機器の不具合の際の対応

・通信トラブルや機器の不具合で,プログラムの予定時間に発表できなかった場合も,できるだけ発表の機会を設けるよう対応します.
・当該セッションの時間内であれば,機器の復旧や別の方法での接続を試みて,セッションの最後で発表できるようにしてください.
・当該セッション終了後に復旧した場合は,休み時間であればZoomの音声で部門担当者に状況をお伝えください.セッション中はチャット機能を用いて,セッション担当者にご連絡ください.

問い合わせ先

発表会当日の問い合わせやご連絡は下記までお願いします.
 メール:conf@ml.jsce-kanto.jp (当日も対応します)
 電話 080-9407-7246 (開催期間3/1-3/4のみ利用可能)